fx

海外FXの「追証なしのゼロカットシステム」なら多額の借金を負うことはないのか?

FXで多額の借金をかかえた、破産した等、ちょっと怖い話を聞きますよね。

ある日会社から帰ったら多額の借金が・・・なんて、あってはなりません。

 
でもいざ証券会社のサイトを見てみると、確かに投資ですから的な表現はあっても

何千万円の負債を抱える危険があるなんて記載があるサイトはありません。

むしろ、ロスカットというシステムがあるので、

大きな損はしないようにも感じます。

 
調べていくと、国内と海外でも事情が違うことが解ります。

今回は「ロスカットシステム」、海外FXの追証なし「ゼロカットシステム」等

FXの闇に迫ります。^^;

FXで多額の借金を背負うことがあるのか?

FXで借金を負った人の話なんてニュースでも聞いたことあるんじゃないでしょうか。

実際そういうことがあります

「やっぱりFXに手を出すのは止めておこう」なんて考える前に

正確になぜFXで借金を背負ってしまうのか?を把握する必要があります。

前提は、FXをギャンブル的に考え中毒になっている人を除きます。

それはFXの問題ではありませんから。

 
FXの借金を背負うケースは、ほとんどが、FX会社から追加入金請求によります。

これを追証(おいしょう)と呼びます。

 
安心材料を先に書いておくと、海外FXの場合は

ゼロカットシステムがあり、これは追証なしです。

 
ある日突然多額の借金を背負うなんて心配がありません。

この時点ではあまりピンときていなくても詳しく説明していきますので、

読み進めてください。

追証とは「追加証拠金」の略

FXを始める時、証拠金って入金しますよね。

簡単にいうと、FX会社に預ける担保金です。

 
追証はその追加分ですから、どんな時に発生するかというと

証拠金以上の損失が出た場合ですね。

(最低維持証拠金を割ってしまった場合の追証もありますが、ここでは割愛)

 
FXの特徴はレバレッジが多くかけられること、

つまり少ない元手で大きな取引が出来るんですが、

これは負ける時にも言えるわけで、多額のマイナスがあり得るんですね。

 
もうひとつ知っておきたいキーワードが「ロスカットシステム」です。

ロスカットシステムは、証拠金に対して一定の水準を下回ると強制決済される、

つまりある一定以上の損が出ると、そこで取引が確定するという救済システムです。

 
なんだか、安心なんだか安心じゃないのか分からなくなってきましたよね。

ポイントは、相場が急激に動いた場合、

このロスカットシステムが正常に機能しない場合があるってことです。

有名なところで言えば、

リーマンショック
スイスフランショック
ギリシャショック

〇〇ショックと呼ばれる大きな出来事起こると、

為替のレートが急激に動き、やっと決済できたころには、

見たこともないマイナス残高になった

というのが、借金を背負う仕組みです。

 
「いやいやこんな出来事予測できないよ。ちょっといまのなしなし」なんて

言ってもダメです。

 
FXの追証請求は、法的にも強制力があり、一括返済が必要になります。

この瞬間からFX会社はあなたは顧客ではなく、債務者として扱うことになります。

ほんと恐ろしいですね。

 
ただし、海外FXの場合は少し事情が違いますので、もうちょっとおつきあいください。

海外FX業者は借金になるような追証請求はしない?

ここでは冒頭でキーワードとして出した「追証請求なしのゼロカットシステム

について説明します。

この時点で、「追証請求なし」って言葉を聞くと希望の光のように感じるのではないでしょうか?

 
ほぼ全ての海外FX業者では本システムを採用しています。

ゼロカットと言われてもピンときませんよね。

 
簡単にいうと、口座の残高がマイナス金額になっても、

全てマイナスではない状態にリセットしてくれるんです。

 
「え?損失は誰が負担するの?」

マイナス分を全てFX業者が肩代わりにしてくれるんです。

 
そんな損なシステムがなんであるの?

疑問に思うのももっともです。

それは国内と海外でFX業者の儲けのからくりが違うからです。

 
海外FX業者は、だいたいが間にディーラーを挟まない方式を採用しています。

NDD(ノーディーリングデスク)方式と呼ばれるんですが、

簡単にいうと、顧客の注文をそのまま発注するということです。

 
注文通りに売買せずに差分の利益を儲けようとかいうセコさがなく、

透明性のあるやり方ですよね。

 
儲けは、トレード時に発生する手数料(スプレッド)になります。

つまり、顧客がトレードすればするほど、多くの手数料が入る仕組みです。

実際取引量ですから、顧客が勝っても負けても関係ないのですが、

負け続けたらやめちゃいますよね。

顧客には儲けてもらい、取引量が増えれば、Win-Winとなるわけです。

 
追証への考え方も国内と違います。

追証の不安があったら、取引量は少なくなりますよね。

そこで追証をゼロにすることにより、取引量が大きくなる方がメリットがある

考えた上で採用したシステムなんですね。

 
もちろん、〇〇ショック等が予想される場合は、

事前にレバレッジに制限をかけるなどのリスクコントロールはしています。

なんにせよ、我々にとってはありがたいシステムですよね。

なぜ国内FX業者はゼロカットシステムを採用していないのか?

なんだ、国内もそうしてくれればと思いますが、実際そうなっていません。

 
取引量を増やすことよりも、顧客の損失を肩代わりするのは

まっぴらごめんという考え方なんですね。

 
FXを初めてやる方なんか、日本のFX会社から始めることが多いから、

追証ありが当たり前と思っている人も多いんじゃないでしょうか?

 
ディーラーが顧客のトレーダーの間に介すDD(ディーリングデスク)方式を

採用しているのも、日本のFX会社の特徴です。

 
顧客はディーラーに売り買いを依頼するのですが、

そのまま売買されるとは限りません。

なんて不透明なシステムなんでしょうか?

 
ある日突然、

あなたには、数千万円の借金が出来ました、払ってください。

とかいうわけですよ。

なんて冷たいシステムなんでしょうか?

さいごに

今回は国内FX会社と海外FX会社の違い、

海外FXの「追証なしのゼロカットシステム」等を説明しました。

 
実際はFX会社によっても違いますので、

始める場合は、事前に調べてから始めてください。

 
ちなみに、Line@からご紹介している「FX自動売買(EA】ツール」は

海外FX業者を利用するものなので安心です。^^)

 
副業でやっているあなたは、チャートの画面にかじりつくなんて出来ないですよね。

〇〇ショックは張り付いていても回避は難しいように感じますが、

今回の記事が参考になれば幸いです。

===========================================

記事を最後までお読み頂きありがとうございます。

今後も副業に取り組むあなたが、時間とお金の自由を手に入れるための情報を
提供していきますので、どうぞよろしくお願いします。

小暮ともき公式LINE@の友だち追加してくださった方に
私も利用している「FX自動売買ツール」をお渡ししています。

モニターとしての提供のため、数量限定となっておりますので、
ご興味がありましたら、お早めにご連絡ください。

LINE@友だち追加はこちらからお願いします!

小暮ともき公式LINE@

友だち追加
LINE@友だち追加で月利30%を狙えるFX自動売買ツールプレゼント中
詳細はこちら!