fx

FXの運用資金(証拠金)はいくら必要なのか?強制ロスカットについて解説!

こんにちは!ともきです。

最近数量限定のFX自動売買ツールを手にした方から

質問をいただくようになりました。

 
よくあるのが、運用資金(FXの場合証拠金)の話ですね。

推奨は最低でも10万円からが良いのですが、

どうしても手持ちがないって場合に相談を受けるケースがあります。

 
証拠金が少ないと、資金が溶けるリスクが上がりますと説明するのですが、

実際、どういうリスクなのか?

具体的に説明します。

ロスカットとは?具体的にどうなるとロスカットされる?

証拠金が少ないことによるリスクを理解するためには、

ロスカットという仕組みの理解が必要です。

 
ロスカットとは、あるしきい値まで含み損が大きくなった時、

勝手に決済されることをいいます。(損が確定)

 
本来的な意味合いは、大きく損をさせないようにする救済システムなのですが、

FXにおいて含み損がある状態はめずらしいことではなく、

しばらくしてプラスに転じることもあります。

 
ロスカットされなければ、プラスになったのに・・・

ということが起こりえるわけです。

具体的に、どれくらいで強制ロスカットされるかというと

XMの場合、証拠金維持率が20%を切った場合です。

 
証拠金維持率は以下計算式で計算できます。

(①有効証拠金 - ②証拠金) ÷ ②証拠金×100 = ③証拠金維持率(%)

なんとなく、わかりますか?

次から具体的に解説します。

リスクとはつまり意図しない強制ロスカット

証拠金維持率の計算式を見て頂ければわかるのですが、

まあつまり、有効証拠金(運用資金)が大きいほど、意図しない損切(強制ロスカット)が

行われなくなるということです。

 
FX自動売買ツールは、ロジックに従いポジションを複数保持します。

ポジションは、例えば外貨を買った場合は、買った状態を指してポジションと言います。

それを売ったら、そのポジションは取引終了となります。

(ちなみに、プラスで利益確定マイナスで損切というわけです)

 
持っているポジションがマイナスの状態が含み損となります。

含み損というと、マイナスイメージがありますが、

プラスに転じるのを待っている状態なので、EAにおいては

とくに大きく気にするところではありません。

 
意図する損切はありますが、意図しない損切は、単に意図しない形で損が確定する

だけの事象になります。

これが頻発すると、あっという間に資金が溶けてしまったという結果になるわけです。

証拠金が多い方は持ちこたえて、プラスに転じて・・・という感じです。

まとめ

今回は、よくある質問「FX自動売買ツールの運用資金(証拠金)は数万円でも

大丈夫ですか?」といったものに対して、

リスクがあがる理由を、強制ロスカットとからめて説明しました。

 
まあ、私が使っているEAの場合、最低10万円での運用を進めますが、

最終的には自己判断となります。

個人的にはここはあまりけちるところではないかと思います。^^;

 
もし私が使っている無料のEAにご興味がある方は、数量限定ですが、

ご紹介することもできますので、LINE@に友達登録お願いします。

あわせて読みたい
初心者でも使えるFX自動売買ツールを無料で手に入れる方法副業のひとつとして取り組む「FX自動売買」 私が副業として取り組むべきと考えているものの一つに「FX」があります。 FX...
===========================================

記事を最後までお読み頂きありがとうございます。

今後も副業に取り組むあなたが、時間とお金の自由を手に入れるための情報を
提供していきますので、どうぞよろしくお願いします。

小暮ともき公式LINE@の友だち追加してくださった方に
私も利用している「FX自動売買ツール」をお渡ししています。

モニターとしての提供のため、数量限定となっておりますので、
ご興味がありましたら、お早めにご連絡ください。

LINE@友だち追加はこちらからお願いします!

小暮ともき公式LINE@

友だち追加
LINE@友だち追加で月利30%を狙えるFX自動売買ツールプレゼント中
詳細はこちら!